1日100回勃起出来る淫羊霍のパワー

1日100回勃起出来る淫羊霍のパワー

勃起薬としての効果

淫羊霍とは、メギ科イカリソウ属に該当する落葉多年草であるイカリソウの全草をいいます。淫羊霍という名前自体、淫らな感じがしますが、中国原産の生薬等で精力剤等として利用されています。羊が食したところ、精力絶倫となったのが名前の由来とされています。滋養強壮効果が強く、医薬品の成分となっています。淫羊霍は日本でも栽培されています。栽培されているのは北海道~九州と割と広い範囲となっています。

健康食品に分類されておらず、日本では厚生労働省が規制をしています。薬剤師が常駐している薬店でなければ販売ができず、薬剤師の説明を受けずに購入する事はできません。副作用が在り、鼻血が出たり、めまいがしたり、吐き気や口が渇くという症状が起こり得ます。ただ、淫羊霍ないし放杖草(別の呼び方であり、老人がイカリソウを飲むと杖が無くても元気でいられる、という言い伝えによります)は適量を摂取しても、場合によっては副作用が出る恐れが在ります。

1日100回勃起出来る淫羊霍のパワー

摂取目安量

ただ、放杖草は、処方箋が無くても入手可能となっています。薬機法(旧・薬事法)では、第1類の一般用医薬品に分類されており、薬剤師の説明を受ければ購入可能となっています。

摂取目安量としては、(煎じ薬の場合)無色透明な水600ml当たり8~10g程度となっています。副作用が出易いのは過剰服用をした場合であり、「精力剤を飲んで、短期間で増大をしたい」という浅はかな過ぎる考えで多量摂取をするのは厳禁となります。

有効成分及びメカニズム

放杖草には、イカリインという、勃起機能を高める成分が含まれています。媚薬としても使用されており、服用をする際の性別は不問となっています。そのため、服用をすることで、男性はEDの改善、女性の場合は不妊に効果が在り、性別問わず服用すると腰や膝の衰えに効果が在るといわれています。医薬成分ですが、時間を掛けてジワジワと作用をして行くタイプとなっています。

その他の効能としては、血圧を下がる効果が在ります。他には、無力感の解消や記憶力向上に効果が在り、下半身の血流を改善させる一酸化窒素の生成を助けてくれます。

Top