マカの血流改善効果は勃起力を底上げする

マカの血流改善効果は勃起力を底上げする

勃起薬としての効果及びその他

ペルー(首都・リマ)が原産とされている、アブラナ科の多年生植物として、マカが在ります。これは、根が薬用ハーブとして使われており、ペルーでは外貨獲得のための資源となっています。同国では、国外持ち出しが禁止となっていますが、一部に関してはこの限りではないとされています。

標高4千m以上の高地で栽培されており、ペルーのフニン県にあるボンボン高原が特に有名とされています。

根に必須となる栄養素を多く含んでおり、カルシウムに関しては「畑のリンゴ」といわれている馬鈴薯よりも多いです。牛乳嫌いな人にとっては、マカはありがたい存在となっています。アルギニンも含有されており、免疫機能を高めてくれます。

有効成分

マカ自体、薬用ハーブとして使われています。そのため、天然成分なので副作用は無いと思いわれがちです。健康食品に関しては副作用の表示義務は無いため、「天然由来だから、大丈夫」として、注意をせずに摂取するのは良くないでしょう。

甲状腺に何らかの疾患が在ったり、機能不全である人に関しては摂取は禁物となります。甲状腺疾患が在る場合、ヨウ素の摂取は禁止となり、マカには微量のヨウ素が含まれているので摂取は良くない事になります。

マカの血流改善効果は勃起力を底上げする

メカニズム

マカに関しては、男性ホルモンのアンドロゲンが含有されており、顔に腫れ物が生じるリスクも孕んでいます。女性の場合、美顔にニキビは合いませんし、キャベツやブロッコリーを食べて、稀にアレルギー反応を起こす人に関しては摂取は控えなければなりません。アレルギー症例としては、痒み、蕁麻疹、喘息、嘔吐、咳、下痢、といったものが在ります。

この増大成分は、血管を拡張する役割が在ります。日本では、平成14年に三重県の某私立系の医科大学等が「ストレスによって、ホルモンの分泌が阻害される場合にこの成分を摂取することで、ホルモンの分泌を助けてくれるのでは」と医学系の学会で発表をしており、科学的なデータが幾つか存在しているようです。

用法や用量について

摂取量は、一日当たり1500~4000mgとなっています。マカが含有されている増大サプリを飲む場合、健康面が気になる人に関しては、1錠とすると良さそうです。

ただ、これ自体、アルギニンの含有量が非常に多く、一日当たりの摂取目安量を超えると人体に悪い影響が及ぶ危険性は高まります。

上限が4000mgとされていますが、最低限の目安量の1500mgとした方が良いかもしれません。ホルモンバランスに何らかの影響を及ぼす物質が豊富に含有されており、健康に良いからといって過剰摂取をするのは好ましくありません。

Top