ムイラプアマこそ天然の勃起薬

ムイラプアマこそ天然の勃起薬

勃起薬としての効果

アマゾン流域に分布するボロボロノキ科に分類される広葉樹に、ムイラプアマが在ります。5m程度の広葉樹であり、南米でサッカー王国として知られるブラジルでは、医薬品とみなされています。また、これ自体は精力剤等として使われています。なぜ精力剤等となっているかというと、ムイラプアマにはクマリンが含有されているからです。樹木そのものが精力剤としての効果が在るとされており、無駄の無い樹木となっています。

ブラジルだけでなく、欧米各国ではED改善の治療薬、中枢神経系の強壮に使われています。日本では、医薬成分として扱われており、厚生労働省の認可がなければ利用はできない事になっています。利用をする場合、薬剤師が常駐する薬店等でなければ認められません。

有効成分等

クマリンは、摂取する場合は適量であれば問題は無いとされています。ただ、過剰摂取をしてしまうと、肝及び腎機能が低下してしまいます。医薬品として利用する場合、輸血の保存に使われる抗凝固薬剤として使われる機会が多いです。

ムイラプアマこそ天然の勃起薬

メカニズム

ブラジルや欧米諸国では、ムイラプアマは食欲増進、精力向上、性欲を促進させる催淫 効果、鎮静作用が在る薬剤として利用されています。樹皮と根の部分が強い効力を発揮するとされており、胃潰瘍の改善に効果が在るとされています。性欲が促進された場合、男性は尿道からカウパー腺液が分泌されます。

利用法としては、基本的には医薬品の服用となります。アマゾン流域の先住民の場合、樹皮等を風呂に入れたりし、薬効風呂として利用をする事があるようです。また、皮膚に塗布をし、塗り薬としても使うことがあるそうです。

ムイラプアマに含有されているクマリンは、マウスを使った実験では安全性が確認されているものの、用量や用法は遵守しなければなりません。「早く効果を出したい」と思って過剰摂取してしまった場合、先述しました、肝機能障害等に陥り易くなってしまいます。

摂取目安及び注意すべき点

ムイラプアマの摂取目安は、体重1kg当たり0.1mg迄が望ましいとされています(ドイツの医療行政機関が発表した数値によります)。体重が百kgの人であれば、1mgが摂取目安量となるでしょう。

日本では医薬品として扱われているため、水または微温湯で摂取しなければならず、茶や有色の液体での摂取は好ましくありません。また、医薬品である以上、食後に服用するのは常識となっています。

Top