トンカットアリでテストステロンを増やし勃起力向上

トンカットアリでテストステロンを増やし勃起力向上

シンガポール原産のニカギ科に属する根菜の一種

トンカットアリは、シンガポールが原産とされている、ジャングルに自生している根菜類の一種で、ハーブとみなされているものです。因みに、トンカットアリは、蟻でなくて植物です。蟻については、精力剤の原料として使われますが、これ自体は植物です。見た目は、牛蒡や人参等の根菜と似ています。

ハーブの一種とされており、生薬に関する知識が在る人であれば適正使用をしなければならないと理解できるに違いありません。例えば、イチョウは毒性が強い銀コール酸が含有されており、腹痛や湿疹を起こしかねません。自家製の場合、毒性は強くなります。また、エゾウコギに関しては、過剰摂取をすると気分障害を起こしかねません。

トンカットアリでテストステロンを増やし勃起力向上

摂取する際の注意点

トンカットアリは利尿作用を促進するようで、錠剤は水または微温湯で摂取した方が無難です。天然由来となっていますが、副作用に関しては注意をしなければなりません。トンカットアリの副作用は、胃痛、下痢、吐き気等です。過剰摂取してしまえば、これらの症状が出る危険性は高まりますが、適量摂取であれば問題は無いかもしれません。

その他の危険性等に関しては、長期的に服用を続けると効果が半減するといわれています。生薬の短所を理解していれば、長期に亘って服用をし続けるのは好ましくないようです。

期待できる効果及び摂取目安量

先述した、ハーブに関する思わぬ問題点を理解していれば、トンカットアリを正しく摂取できる筈です。トンカットアリにはアルギニンが含有されており、多幸感が得られるようです。また、亜鉛やビタミン等が豊富に含有されており、精力増大が期待できる成分の吸収がし易くなります。

その他の効果に関しては、シトルリンと同様に血流改善の効果が在ります。血流が改善されると、人体において良い影響が及ぼされます。男性ホルモンのテストステロンを活発化させる効果があり、性欲を増進させる事が考えられます。

摂取目安量は、市販されているトンカットの健康食品であれば50~150mg程度となっているようです。医薬品の成分でないものの、過剰摂取はすべきではありません。生薬そのものであれば、1日当たり1mgとした方が良いでしょう。体重が60kgの人であれば、60mgとなっているようです。

Top