ヨヒンベは興奮と勃起を強める劇薬

ヨヒンベは興奮と勃起を強める劇薬

勃起薬としての効果

アフリカ大陸の西部及び中央部で自生している広葉樹に、ヨヒンベノキが在ります。この樹木から、抽出物として得られるものがヨヒンベです。これは、陰茎の増大等を促す薬物であり、薬機法(旧・薬事法)では取締りの対象となっています。ただ、認可を受けた医薬品に関しては、薬剤師が常駐している店舗等では取り扱いは可能とされています。

有効成分

ヨヒンベには、血管を収縮させない神経伝達物質が含有されています。緊張状態を和らげ、勃起を促進させます。緊張しているとアドレナリンが分泌されており、リラックスし難くなります。

ヨヒンベは興奮と勃起を強める劇薬

メカニズム

適正管理をされて販売されているヨヒンベは、摂取をする場合、用法や用量を遵守すれば問題はありません。医薬品とみなされており、不適切な使用をすると冷汗、不眠症等を患う危険性が孕んでいます。また、前立腺疾患等や、肝機能並びに腎臓に疾患が在る人に関しては服用は厳禁となっています。前立腺や肝臓や腎臓に疾患が無い人でも、長期に亘って服用をするのは好ましくないとされています。用法及び用量を遵守せずに、「即効性を求めたい」と言って過剰摂取をしてしまうと、延髄麻痺を起こす危険性が高まってしまいます。即効性を求めたいと急いて、過剰摂取をするのは好ましくない行為となりますし、重過失なのは言うまでもありません。

薬機法で取締り対象となっているだけでなく、米国でも医療行政機関の承認を得ずに販売することは犯罪行為となります。ドイツでも同様の事が言われており、安全性に問題が在るので使用は禁止となっています。

用法や用量について

摂取する時は、食事中が良く、この時に1錠を摂取します。1日当たり、2回が摂取目安ないし用量となります。健康食品とされているようですが、薬剤師が常駐している店舗でなければ取り扱いができず、医療用医薬品と思った方が無難です。購入する際は、薬剤師から書面を用いた説明を受けるのが必須となっています。

Top